UA-102585764-2

2017年01月03日

【独立した『環境部』を廃止!『まちづくり部』と『建設環境部』に再編:12月議会】国だって『環境庁』から『環境省』へ、独立性を強めているのに・・。何がしたい? #国分寺市 の環境は大丈夫か?

12月市議会では、機構改革の一環として、「環境部」及び「都市開発部」及び「都市建設部」の三部を、「まちづくり部」と「建設環境部」の二部に再編するという、組織条例の改定案が提案され、賛成多数で可決されました。(※下記資料参照)

しかし、市議会・総務委員会での市の答弁や、本会議で行った私の質疑において、「環境保全の為の規制」という、市の位置付けが、あまりに脆弱であることが明らかになりました。

※市議会・最終本会議に行った組織条例改定案に対する質疑及び、反対討論についての、

●動画配信は↓コチラから(開始後9分〜)

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/015/002/kokubunji_h20161222-01.mp4

●市議会・最終本会議の全体の動画配信は↓コチラから

http://osamukouno0901.seesaa.net/article/445363268.html

※下記資料は市議会・総務委員会資料「平成28年度機構改革による組織図(案)」より(赤矢印・赤丸は幸野が加筆)

 

●環境部が独立して存在していた意義を説明できない市政

これまで、国分寺市は、国分寺市制が施行されたのちの1977年から約40年間にわたって「環境部」という独立した部を創設して、建設問題や、まちづくり問題に対して、環境の保全や向上といった視点で、別の角度から規制を加えてきました。

それは、高度経済成長期の中で、ごみの問題に加え、公害等による生活環境破壊や、開発等による自然環境破壊など、大変な社会問題になる中で、「環境」という視点から、「独立した立場で規制を加えなければ、生活環境や自然環境が守れない」という考えからだと思います。

この点について、私が「環境部として独立して存在していた意義は何か」と質しましたが、環境部長は、ごみ行政の問題ばかりを答弁し、生活環境の保全や、自然環境の保護という視点での答弁は一切ありませんでした。その上「今回の再編によって、まちづくりの一環で、効率的に進められるなどと答弁したので、私は「環境の視点で、規制する側と規制される側が一緒になってしまえば、効率はよくなるかもしれないが、市民の生活環境は不安になる」と批判しました。

 

●市内の状況は、より一層、環境規制を強化する必要あり

また、国分寺市内の状況に目を向けますと、農地や緑地などが毎年毎年減少している深刻な状況です。

国分寺駅北口再開発という超大型事業を進める過程においても、敷地内で土壌汚染が見つかったり、再開発ビル工事の騒音や振動ダンプカーの排気ガスや通行環境などの問題が顕在化していますし、ビル完成後には、日照問題やビル風の問題なども懸念されています。

市内の中心地域では、都市計画道路328号線といった大きな道路建設による騒音や振動、排気ガスの問題も懸念されています。

東恋ヶ窪地域では、パチンコ店の出店による周辺のたばこのポイ捨てや、副流煙の問題なども発生しており、私は何度も市議会で取り上げてきました。

このように、国分寺市内では、さまざまな環境問題や公害問題などが次々と発生しており、これらの問題に対応するためには、専門的で高度な知識と見識を持ち合せた専門部署が確立されていることは絶対に不可欠だと思います。

このような状況の中で、市民から望まれているのは、独立した「環境部」を廃止することではありません。

よりいっそうの自然環境の保護や、より一層の生活環境の保全・向上を進めるために、独立した「環境部」の位置づけをより一層高めることが必要です。

市議会・本会議で、これらのことに触れた上で、私は「部を再編したことについて、総務委員会で井澤市長は『縦割りを排した』などと説明されていたが、「環境の規制」を「縦割り」などといった一般的な表現によって、規制をなくしてしまうのは、筋違いであると考えるが、いかがか」と質しましたが、組織条例という極めて市長の専権事項に値する中身だというのにもかかわらず、ここでも井澤市長は一切答弁に立たず、政策部長が「市長は、『二部に分かれることで、組織を肥大化させないこと』とも答弁している」と言い訳に終始する有り様で、「環境保全」の視点からの答弁は全くありませんでした。

 

●国も規制を強める方向にある、にもかかわらず・・国分寺市ときたら・・

国においても、環境の位置付けについては、まだまだ不十分ですが、1971年には「環境庁」が設置され、2001年には「環境省」へと昇格させて、2012年には、環境省の外局として原子力規制委員会を設置するなど、全体として、当たり前のことですけれども独自の規制を強める方向にシフトしてきています。

また、日本国憲法に人権として独立した「環境権」の条文を加えたいという方々もいるほど、「環境保全」に対する認識は強まっているのです。

にもかかわらず、国分寺市は、その「環境部」の所掌事務である「環境基本計画の策定」を「まちづくり部」に、「実際のごみ対策や環境対策」については「建設環境部」に分割して、配置するというのです。

そうなれば、国分寺市がこれまで積み上げてきた「環境保全」の規制が弱体化してしまうことは、間違いありません。

井澤市長は、3年前にも「緑と水の公園課」と「建築課」を合体させて「緑と建築課」を創設させましたが、今度は、「環境部」をバラバラにして廃止してしまうというのでは、緑も、水も、環境も、守る気がないのはもはや明白だと思います。

すなわち、まちづくりや都市建設、建築関係の業務を、効率良く、進めるために、環境部を解体したのです

私たちは、今後の国分寺市の進路について、国分寺駅北口再開発以降に、再び大型開発優先にシフトしてしまう危険性があることを、何度も何度も警鐘してきましたが、それがまさに今回の組織条例の改正によって、現実の一歩として示されたものだと考えます。

再び大型開発優先の市政を進めることによって、市民の生活環境や自然環境を破壊することや、再び財政難を招いて、市民に負担と我慢を押し付けることは、断じて認めるわけにはいきません。

今年の市長選挙では、国分寺市の開発と環境問題についても、大きな争点だと思います。

-->
posted by 幸野おさむ at 08:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境とバリアフリーを重視したまちづくりへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

【ぶんバス(仮称)万葉・けやきルート、12月から運行開始へ】ただ、欲を言えば「せめて国分寺病院まで」行ってほしい・・・。 #国分寺市 #市民利便度LV3

ばす_1.jpg

●多くの困難を乗り越え、ようやく開通へ

東恋ヶ窪や西元町の住民の長年の願い、ぶんバスの運行がようやく12月から始まります。日本共産党は、東恋ヶ窪地域や西元町の交通不便をなくすため、ぶんバスの開通を求めてきました。

市議会での報告では、東恋ヶ窪3丁目(日立中研北門前あたり)と西元町3丁目(史跡国分寺跡あたり)にバスの転回場を設け、その間を往復するとのことです(下記図参照)。

ぶんバス地図修正.jpg

 

計画のあらまし(検討中)は次の通りです。

■運行時間

毎日朝7時台〜夜8時台。50分間隔で1日16往復(運行にあたる京王バスは1時間間隔14往復を提案)

■車両

日吉・本多・東元町・西町の各ルートで使用中のバスと同型

■停留所

起点・終点のほか、「本町4丁目アパート前」(日立中研正門付近)・「国分寺駅西」・「武蔵国分寺公園東」・「郵政宿舎前」・「西国分寺駅交通広場」・「いずみプラザ前」・「西元町2丁目」・「黒鐘公園入口」

 

●せめて東恋ヶ窪4丁目・国分寺病院の付近までの運行延長を求める

住民のみなさんの運動が実り、ついにぶんバスが東恋ヶ窪地域を走ることになりました。

ただ、けやき公園に近い孫の湯通りやガイシ通りに通してほしい、という住民のみなさんの要望は、道路の狭さや通学路との関係など多くの困難にぶつかり、当初予定していたルートのかたちとはずいぶん違う路線での出発です。

私は9月の市議会・一般質問で、運行開始までこぎつけたことを率直に評価したうえで、さらに市民が利用しやすいルートに少しでも近づけるため、「せめて国分寺病院まで通してほしい」と市側に改善を求めました。

市の答弁は率直に言って、「当該地付近の道路の幅員が狭く困難」という答弁でしたが、「これで完成形ではない」とも答弁しました。

市自身も市民のニーズを完全に満たした形ではないと考えており、今後もお互いに努力を重ねて、より良いルートにするために力を尽くしてまいります。

 

●今後も、ぶんバスの充実をはじめ、地域の皆様のニーズに応えていきます

ぶんバスの目的は本来、@交通不便地域の解消、A交通弱者の移動手段確保、B公共施設のアクセス向上、で住民の生活を支える福祉の役割をもっています。

国分寺市の住宅街は、どの地域も高齢者が増加し、交通弱者も増加しています。国分寺病院などの医療福祉施設も含めた公共施設の需要も非常に高い状況です。

今後とも住民のみなさんとともに、よりよいぶんバス運行、ルート改善などの、課題解決を求めて頑張っていきます。

 

●新潟県知事選挙の画期的な勝利で、さらに野党共闘の前進を

新潟知事選挙、事前の予想を覆し、6万票余りの差をつけて、共産・自由(旧生活)・社民・新社会・緑の党の野党共闘候補である米山候補が当選いたしました。

原発再稼働反対、TPPストップなど、国政に対する怒りと不満がついに形になった選挙ではないでしょうか。

連合新潟が、相手陣営を支持していたことには、衝撃を受けましたが、推薦をしなかった民進党も含めて、改めて野党共闘の路線について、確認しあえたらと思います。

国分寺市でも、衆院解散に備え、市民連合@国分寺が精力的に取り組んでいますが、来年夏に行われる市長選挙などでも、野党共闘が実現できればいいですね。

市民の皆様の、ご理解ご協力をよろしくお願いします。

-->
posted by 幸野おさむ at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境とバリアフリーを重視したまちづくりへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

【恋ヶ窪駅に悲願の東口改札口の開設を!】西武鉄道の本社で担当者と懇談、国分寺市が何にもアクションを起こしていないことが明らかに!今議会で中山市議が質問します。

(写真後左:中山市議、後中央:幸野市議)

★西武鉄道・担当者「自治体からの要請があれば話し合う」

1015日、日本共産党の私(幸野市議)と中山市議は西恋支部と恋ヶ窪支部の支部員とともに、所沢市にある西武鉄道の本社を訪れ、担当者の方と懇談しました。

懇談の中で担当者の方は「現在、東口の計画はないが、地元住民や自治体からの要請があれば、話し合いをさせていただきます」と、話してくれました。

そしてかかる費用についても「自治体からの要請=自治体負担、ということではなく協議の上で」相談するとしています。

また、東口開設にともなう駅南側の市役所通りの踏み切りの安全性向上についても、認識を共有することが出来ました。

 

★国分寺市は東口開設に向けて早急に要請を

しかし一方で、懇談の中では「国分寺市からいまだに要請はきていない」(西武・担当者)ことが明らかになりました。

また、「東口をつくるとなれば、周辺の住民合意や周辺整備など、自治体の協力が欠かせない」とも話しています。

昨年12月、井澤市長は中山市議の質問に対して「安全対策として東口ができればいい。西武鉄道に要請していく」と答弁しており、まずは、早急に市が東口開設を西武に要請して、協議に入ることです。

井澤市長は市議の時代に東口の開設を質問しています。市長となった今、市民の安全を守るために、より積極的に行動するべきであることを求めていきます。

(恋ヶ窪駅東側を視察時)

-->
posted by 幸野おさむ at 10:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境とバリアフリーを重視したまちづくりへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

公共調達条例案(通称:公契約条例)が審議中

行政10.jpg







ついに念願だった公共調達条例案が市議会に提案され、総務委員会で審議されています。


本日二日目の総務委員会でも最大の焦点です。


昨年の12月議会に提案予定されていたものが、政治的な策動の中で先送りされ、これに対抗して市民の中での運動と市議会での繰り返しの要求により、やっとここまでこぎつけた希望の条例です。


条例の中身については、全国で初めて制定した千葉県野田市や神奈川県川崎市の条例に比べ、契約相手の選定方法として、最低賃金を規定するだけでなく、地域での社会貢献や就労困難者に対する雇用への対応、そして地域経済の活性化への貢献度などを勘案する総合評価方式やプロポーザル方式を明記したことや、いわゆる一人親方も対象にすることを規定しているなど、全体的に評価できるものになっています。


ただ、対象になる業務について保育園や学童保育などが外されている事など、今後改善しなければならないこともあります。


課題はありますが、改善しながら市議会で成立をさせるために全力で頑張ります。



posted by 幸野おさむ at 13:06| 環境とバリアフリーを重視したまちづくりへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする