UA-102585764-2

2012年03月11日

おはようございます(*^_^*)すがすがしい朝を迎えられて、よかったです。3.11を忘れない、でも乗り越えなければならない、そんな一年にしていきたいと決意をして、今日一日を過ごしたいと思います。

さて今日の予定は、午前中は第7小学校と、第一小学校の放射線量を測定しに行きます。お隣の小金井市では市立小中学校の約7割から除染基準値以上の箇所が見つかっています。国分寺市内では南町の三角公園だけっていうのとギャップがあるので、自ら測定しに行くことにしたのです。

午後は井の頭公園で集会です。

夜は国立で制服向上委員会のコンサートがあります。私も実行委員会のメンバーなので、皆さんを会場でお待ちします。健気に頑張っているアイドルグループなので、ちゃんと応援してあげなければなりません。皆さんも応援してあげてください。

今日は長い一日になりそうです。いい一日にするためにも前向きに頑張っていきましょい(●^o^●)


posted by 幸野おさむ at 08:53| 防災・被災地支援・放射能への対応など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

来年度の『予算案2 防災・放射能・エネルギー政策など。重要課題だって言いながら、削減はないでしょ!

市の予算編成方針では、「災害に強いまちづくり」を重要課題にしながら、防災予算は、防災の資機材や備品の購入費を177万円 → 41万円へと135万円も削減しました。震災時に反響とクレームが入り乱れた防災行政無線の保守点検委託料も453万円 → 298万円に削減しました。

一方、新規で実施する事業は都が進める「緊急輸送道路の沿道建築物耐震化助成事業」と、「災害時要援護者支援システムを導入し名簿管理を行う」だけです。

一体、どこをどう重要視したのか、まったくその気配がありません。

木造住宅の耐震化問題では、耐震診断を受診される方は増えていますが、その後の改修に着手する方はまだ少ないのが現状です。耐震改修助成制度を拡充させる必要があります。

 また、大災害時に他自治体との連携こそが復旧・復興の近道になる事を、身をもって学んだことから、災害時支援協定なども必要です。

 被災地に対する支援がまだまだ必要ですが、社会福祉協議会に補助しているボランティア保険補助(1/2)を削除した結果、社協も単独では出来ず、事業自体を廃止する、としています。地域の防犯・防災ボランティア活動に影響が出ることも必至です。被災地に対しては、むしろ大田区などが取り組んでいるように、市がボランティアバスを被災地に向けて走らせるぐらいの意気込みがほしいものです。

 

 放射能への対応では、給食食材の濃度測定機を都からの100%補助で購入し、先日納品されました。年度内は試験を行いながら、来年度から本格稼働させるようです。また、空間線量の測定機を市民に貸し出す事業も始めるとのこと、ただ問題なのは、測定して高い数値が検出されても、「民有地については除染しない」としていることです。

 確かに、この問題の原因については、市に責任があるわけではありません。東電や国など、原発を推進してきた方々が第一義的な責任であることは間違いありません。

 しかし、焦点になっているのは、市民の命と健康を守る責任が市にはある、ということです。いくら原因とは無関係といっても、有害な放射線を発する放射性物質が、しかも「神の火」と言われ、市民にとっては、手も足も出せない有害物質が、地域に点在しているというのに「自ら除染してください」というのは一自治体として無責任ではないでしょうか。

 私も除染作業の体験を通じて、土を取り除いても取り除いても値が下がらない恐怖、どこに集積しているかわからない脅威、その見えない神の火の力を思い知りました。少なくとも除染基準値を超えた箇所については、市が除染をすべきです。

 

 エネルギー政策の転換を進める上で、市ができることは、自然エネルギー利用の家庭や市内事業所への普及と市役所庁内での普及です。

 私たちが求めてきた太陽光パネルなどへの設置補助は、昨年から「時代の流れの中で必要」「自然エネルギーの活用は急がなければならない」と答弁していたのに、予算計上は見送られました。今後の長期計画には位置付けるとしていますが、急がなければならない課題です。

 PPS(特定規模電気事業者)については、来年度に入札を実施する方向で検討をしています。ただ昨今より完全に売り手市場の中で、来年度の動向が注目されます。

 

どちらにしても重要課題さえ、予算が削減されている状況です。

来年度予算案がいかに危機的予算になっているかがわかっていただけるでしょうか。

 


posted by 幸野おさむ at 09:09| 防災・被災地支援・放射能への対応など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

市に断られたため一緒に除染してきました。

120209_143740.jpg120209_145824.jpg120209_153713.jpg

除染作業は思った以上に大変で、市民にやらせるのは、絶対おかしい!

先日市が「除染しない」と決めた民有地で家主の方と一緒に除染作業をしてきました。

汚染個所はガレージの雨どいから排水されている庭の一部でしたが、改めて計測したら0.46μS/hと、前回の測定より2倍以上の高さです。早速、その箇所の土を掘ってビニール袋に詰め始めたのですが、掘っては測り、掘っては測り、と繰り返しますが、なかなか線量が減りません。「おっかしいな」「あれっ」とか言いながら、掘り続けましたが、かなり焦りました。

最終的に、市の除染ガイドラインで定める値を超える10センチ以上(ガレージの基礎がむき出しになるくらい)の深さを掘り、しかも周囲も30センチ以上の範囲を掘らないと、線量は下がることはありませんでした。その後、新たな土を埋め戻して、線量は0.11μS/hまで下がりましたが、時間もかかり、大変な作業で、なかなか市民の方にお願いするのは酷だと思いました。

しかし、問題なのはここからです。結局、掘った土はビニール袋大で2袋になってしまいました。汚染された土です。これを一体どうすべきか・・・。市のガイドラインでは原則敷地内に30センチの深さを掘って埋める、としていますが、とてもじゃないが簡単にできる量ではありません。しかも、庭の面積が狭いために、そのスペースもありません。

家主の方と・・・・しばらくの間、絶句、沈黙。・・しかし、何とかしなければならない。誰も近づかないところで、敷地内で・・・。本当に酷な話です。

その後、いろいろと話し合って検討した結果、最終的に「雨水浸透マスの中はもともと高いのだから、そのマスの中に入れるしかない」という結論に至り、それがはたして最良なのかは全く不明でしたが、そうせざるをえませんでした。

なんだか、測定した私もすごく申し訳ない気持ちになりました。

こんな想いは市民の方も自分も二度としたくないので、市には早急に民有地でも除染を実施するようにしてほしいと切に願います。

 



posted by 幸野おさむ at 12:44| 防災・被災地支援・放射能への対応など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

3・11はどちらで過ごしますか?私は制服向上委員会とともに過ごす予定です。

制服向上委員会.JPG

いよいよあと1カ月で、一年ですね。信じられないくらい早い一年でしたが、中身は濃い一年でした。そんな3・11を迎えるわけですが、私たちは、「脱原発」を歌うアイドルグループ「制服向上委員会」を国立にお呼びして、一気に盛り上がっていくことを企画しています。先日は早速、初台駅前にあるdoorsというライブハウスに視察をしてまいりました。

何よりもまずすごいのが、みんな「若い」ということです。15歳とか16歳とか、でもかなりプロ意識も高く、相当レッスンなどに通っているのでは?と想像しました。

そんな子たちが「脱原発」や「悪魔・野田・TPP」などを歌い、政治を変えようと頑張っている姿に、すぐ感動してしまい、健気な子たちを応援したい、と思ってしまいました。

単純な男です。

ぜひ興味がある方は、3・11を19時から国立市のくにたち市民芸術小ホールで過ごしましょう。

(写真は社民党・国立市議の藤田さんと制服向上委員会メンバーと私です)



posted by 幸野おさむ at 21:20| 防災・被災地支援・放射能への対応など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

放射能測定実施しています。

120122_160526.jpg先日、本多の方から「放射能を測定してほしい!」との要望を受け、測定機を持って訪ねました。
やっぱり皆さんまだまだ不安になっているんです。その方の友人関係の方のお宅でも測定依頼があり、何軒か歩きました。
やっぱり雨水浸透マスの中は0.4/hμシーベルト程度は平気で計測されます。
ただ今回はマス外で初めて高い数値を計測しました。それはガレージの屋根の雨樋出口付近です。家屋の屋根に降った放射性物質は浸透マスに入りますが、ガレージ屋根の放射性物質は濃縮されて、地上に流れているようです。
ちなみに0.24μシーベルト/hで、市の除染基準以上だったために、早速市の担当者に確認しました。しかし、市は「現在のところ、民有地については市は除染しない」とのこと。
おかしいでしょ!市民が不安になっているのに、この市の対応はないと思います。
引き続き強く求めていきたいと思います。

posted by 幸野おさむ at 20:57| 防災・被災地支援・放射能への対応など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする