UA-102585764-2

2015年12月24日

23日AⅯは地域でお餅つき。2000万人署名も10筆頂きました。PMは超党派シンポジィウム!149名の参加で盛り上がりました。

AⅯは、毎年恒例のおもちぃつき、重たい杵で、おもちをペッタン!

DSCF1327.JPG

もういっちょ!

DSCF1327.JPG

そいやー

DSCF1327.JPG

 

和やかな雰囲気の中、この場で「戦争法を廃止する2000万人統一署名」に10名の方が協力してくれました。

 

午後は「戦争法の廃止に向けた超党派シンポジウム」、自分で言うのもなんですが、すごい変わり身ようですね。

DSCF1327.JPG

 

・・・うさん臭く見えないですかね・・・?

DSCF1327.JPG

右から、末松よしのり元衆院議員(民主)、山内れい子都議、高瀬かおる市議、岩永やすよ市議、秋元あすか市議(以上、生活者ネット)、

それから、うさん臭い私、隣に身を潜めている岡部ひろあき市議(以上、共産)、三葛あつし元市議、甲斐よしと市議(以上、無所属)

あと、途中で退席した中山ごう市議(共産)といった凄い面々のシンポになりました。

(民主党の市議や無所属の市議があと数名見えてたら最高でした)

 

そして会場には149名の猛者市民たち!14時〜16時半を超えてもなお、みんな喋り足りずに、司会者も「短めに」とか「まいてまいて!」とか・・・。

とにかく、ものすごい歴史に残る集会だったのではないでしょうか?

「(国民は)餅食ったら、忘れる」という自民党の国会議員もいるようですが、「餅食っても、絶対に忘れない」でともに頑張りましょう!

 

お餅つきでは、我が家用の「のしもち」も、自分でついて、お持ち帰りました!

なんちゃって!

-->
posted by 幸野おさむ at 09:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アベ政治×市民&超党派」で、戦争法廃止へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

毎月9の日、国分寺超党派宣伝!末松よしのり元衆院議員(民主党)、秋元あすか市議(ネット)、岡部ひろあき市議(共産)、高瀬かおる(ネット) 私・幸野おさむ市議(共産)の順でリレートークしました。

winmail.dat
超党派宣伝は、6回目を数えました。

今回は議会中ということもあって、参加した市議も限られましたが、熱い訴えが国分
寺駅前に響きました。

私も「安倍政権が行う、戦争法に怒る国民の目先を変えて、忘却させる作戦に負けな
いようにしよう」

「来年の参議院選挙で、戦争法を強行した自民党・公明党の議員には議席を渡さず、
立憲主義と民主主義をとりもどす議席で独占しよう」

と訴えました。ご声援、お手振り、ご署名、ありがとうございました。

次は12月23日のシンポジウムで、お会いしましょう。
posted by 幸野おさむ at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アベ政治×市民&超党派」で、戦争法廃止へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

戦争法の廃止へ、国分寺デモ、超党派宣伝、9.19を忘れない、多彩な取り組みが行われています。

◆戦争法許さない!国分寺パレードが国分寺駅周辺をデモ行進

11月8日(日曜日)、雨天の中ではありましたが、国分寺駅南口において、「戦争法許さない!国分寺パレード」実行委員会が呼びかけた戦争法の廃止に向けた市民・団体のリレートーク街頭宣伝が行われ、150人余りが参加しました。

駅前で力いっぱい演説した参加者の皆さんは、その後、国分寺駅周辺を「戦争法は廃止」、「野党は共闘」、「ア・ベ・ハ・ヤ・メ・ロ」と元気よくシュピレヒコールを行いながら、パレード行進しました。

沿道からの激励もあり、引き続き、宣伝行動やパレードを継続することを確認しました。

 

◆国分寺9条の会呼びかけ、超党派宣伝は5回目、毎月9日に定例宣伝を実施、12月23日はシンポジウム

11月9日(月曜日)、国分寺9条の会の呼びかけにより、国分寺駅南口において、超党派による戦争法廃止に向けた「リレートーク宣伝」が行われ、日本共産党、生活者ネットワーク、社民党の市議が、降りしきる雨をしのいで熱く訴えました。

今回で5回目になる超党派宣伝は、今後、毎月9日に行われる予定になっています。

また12月23日には「超党派シンポジウム 忘れない!9・19、安全保障法制の廃止へ」を開催することを確認し、高校生や大学生も交えた大きな集会にすることも確認しました。

引き続き、国分寺市から戦争法の廃止へ、力を合わせましょう!

国分寺市での超党派、超団体、超個人の共闘が実現できるといいですね。

-->
posted by 幸野おさむ at 09:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アベ政治×市民&超党派」で、戦争法廃止へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

本日、緊迫した国会。昨日夕方は国分寺駅北口で強行採決に反対する宣伝。9月議会でも一般質問で市長に廃案を要求。全国各地の運動に呼応。

IMGP53312.JPG2015年、市議会第3回定例会 一般質問の主なやりとり

★党派、思想信条の違いを超えて戦争法案に反対を

 私は質問に入る前に、自民党の市議から「安保関連法案は国民の命を守る平和安全
法制だ。戦争法案とイタズラにあおる人たちがいる」との主張があったことに対し

幸野◆安全保障関連法案(戦争法案)の廃案をめざして◆イタズラにあおっているのは
安倍政権だ。国民の命を守ると言いながら、ホルムズ海峡の問題も、邦人を載せた米
艦船の問題も、集団的自衛権を発動する条件ではないことが明らかになった。アメリ
カの軍隊の肩代わりをさせられる紛れもない戦争法案だ。

と、反論したのち、質問に入りました。



幸野憲法学者、元内閣法制局長官、元最高裁長官など法に携わる方々の大半が憲法違
反だとしている。国分寺市としても看過できない問題だ。法案を撤回するよう国に求
めるべきだ。

市長この法案は本当に憲法と微妙な立場にある。私がこの場で意見を述べることは控
えたい。

幸野憲法という物差しで判断が出来なければ市長としての資質が問われることにな
る。この法案は核兵器も運べるとのことであり、非核平和都市宣言をしている市とし
て相いれない。

市長そのことについては今初めて聞いた。見解を持ち合わせていないので控えたい。

と、ポツダム宣言をつまびらかに読んでないかのような答弁で逃げました。



幸野◆駅前再開発行政から決別すべき◆国分寺駅北口再開発によって、市の財政は多
摩26市で土木費は1位、民生費(福祉や子育て等)はワーストクラス、基金(貯
金)も最下位になっている。しかも今度は西国分寺駅北口の再開発が浮上している。
これ以上、さらなる再開発はやめるべきだ。

部長都市マスタープランの中で一定の手法は示された。ただ、規模や内容は全くの白
紙だ。

幸野◆再開発よりもバリアフリーのまちづくりを◆西国分寺駅の東口開設や恋ヶ窪駅
の東口開設、ぶんバスの拡充、道路の安全対策など市全域にバリアフリーを進めるた
めにバリアフリーの基本構想を策定すべきだ。

部長平成19年策定の国分寺駅周辺まちづくり構想に記載したが、現在取り組んでい
ない。今後基本調査を行っていく。

…と、再開発は熱心に進める一方で、バリアフリーのまちづくりの構想はほとんど進
んでいないことが明らかになりました。



最後に幸野市議は、再三求めている◆国分寺駅の周辺駐輪場を増設◆するよう、市に
強く要求しましたが、市は「費用をかけないで考えたい」と答弁し、自らの責任を放
棄しています。北口再開発に500億円近い市民の税金を投入する一方、駅を利用す
る方々は一層不便になる、滅茶苦茶な市政です。
posted by 幸野おさむ at 14:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アベ政治×市民&超党派」で、戦争法廃止へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

「戦争か平和か」世の中が激動に時代に

 国民の怒りは蓄積中

 7月1日に安倍首相が集団的自衛権の行使容認の閣議決定を行ってから、明らかに
世の中が変わり始めている気がします。官邸前に多くの人々が集まっていることや、
内閣支持率が減少していることは表面的な現象として、大きな抗議の声であるが、一
方でこの間、市民の方々と対話する中で「この異常なやり方・・安倍首相は病気では
ないか」「まさか本当にここまでやるとは思っていなかった」「どうせ首相の親族や
大臣の家族は戦争に行かないのではないか」・・・などなど、多くの方が、心底から
感じる怒りや不安、拒絶感を話しているのが特徴です。

 行動にはまだまだあらわれていませんが、膨大な変革のエネルギーが市民の中に蓄
えられているように感じます。



 マスメディアの意義

 安倍首相がウソと架空の事例を挙げて、国民を欺く姿を、多くの国民が見抜き始め
ています。一方で恥ずかしげもなく、政府の事例をまことしやかに報道しているマス
メディアも多数あります。日本共産党の「しんぶん赤旗」が果たす役割も大きいで
す。



 日本国憲法の功績

 そんな中で、この問題にかかわって、特に大事だと思うのが、日本国憲法がこれま
で果たしてきた役割とそれを享受してきた国民の恩恵について、改めて自覚すること
だと考えています。その中心になるのが、私たちの心の形成している「平和の心」で
す。ケンカはやりすぎない、武器なんて卑怯、戦争なんて絶対に嫌だ、といった平和
の心情が、多くの国民の常識として、語られてきたのは日本国憲法の大きな功績だと
思います。



 政府のやり方はえげつないですが、心を乱されず、冷静に対応しようと心がけま
す。