UA-102585764-2

2008年09月27日

市議会閉会

 本会議でも否決!

 24日の補正予算特別委員会で否決された補正予算6号は、26日の本会議でも賛成9、反対13(欠席1、議長1)で否決されました。  しかし、その問題になった第三庁舎・書庫棟の設計・工事を除き、新たに北口再開発の地権者から起こされた損害賠償訴訟の弁護士費用を加えた補正予算6号が提案され  → また委員会 → 本会議 → 全員賛成(退席2)で可決になりました。

 議会は提案自体に「一事不再議にあたるのではないか」「委員会での指摘をなんだと思っているのか」と反対する議員(採決は退席)も出るなど、一時紛糾しました。市長の暴走が招いた結果だと思います。

 24日の委員会で、議会から市長に対し、「市長も北口再開発の事業費がどうなっていくか分からない中で、議会としても同様に判断が出来ない。継続してほしい」という意見に対して、拒否をしたのがその原因です。議会の指摘に謙虚になることも必要ですね。

 さて議会が終わり、これからは、解散・総選挙に向けて、ひたすら走り続ける日々になりそうです。


posted by 幸野おさむ at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 2011以前の市議会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

市議会は終盤

 補正予算が否決

 9月16日に保留となった補正予算第5号は、9月24日(午後)に行われた補正予算審査特別委員会で、討論が活発になされた後、採決が行われ、可否同数→委員長裁決で否決されました。(委員長は幸野委員)

   否決された議案

  議案内容は

@耐震診断結果が明らかになった第三庁舎へ、駅前事務所の都市計画課と建築指導課を戻すため、早急に耐震補強工事をする

A未だ本庁舎にある保存文書を保管する書庫棟を駐車場敷地内に造るというものです。

 庁舎の基本計画がない状況の中、16日の質疑では「この補強工事は場当たり的で、基本計画がないままに行われれば二重投資にもなりかねない」「市長も北口の資金計画を見ながら(庁舎問題を)判断すると言っているのに、議会に判断を求めるのには無理がある」等の意見が出されていました。

結果、17日・24日(午前)の国分寺駅周辺整備特別委員会の質疑を見た上で判断する保留となり、24日の委員会採決に繋がったものです。  

   前段行われた討論で、日本共産党の川合委員は「庁舎の基本計画を定めなければ、場当たり的で、二重投資になる恐れもある。北口再開発の資金計画が示されないままに予算を支出すべきではない」と反対討論。

  生活者ネットも「市長の優柔不断には賛成できない。12月議会までの再考を求める」と反対。

 無会派の委員も「北口の資金計画が(国分寺駅周辺整備特別)委員会を見てもはっきりしてこない」と反対しました。

 結果、委員会では否決されましたが、26日の本会議では全議員が採決することになるのでどうなるか・・。

   市長は、北口再開発の資金計画の上限も決めない。庁舎の基本計画も作らない。にも関わらず、付随する事業をなし崩しに、強引に進めていく・・・。市長の暴走に議会が防波堤となって歯止めをかけることが出来るか。26日の本会議は、大きな山場になりそうです。


posted by 幸野おさむ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011以前の市議会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

国分寺市議会、白熱してます!

 白熱中はなかなか更新できないっす・・・・。16日は補正予算特別委員会(委員長・私)が丸一日行われ、結論は保留。夜には、13日にTV報道されたごみ問題をめぐり建設環境委員会があった。  17日も総務委員会、厚生委員会、午後から国分寺駅周辺整備特別委員会が21時まで、資金計画をめぐり大激論が行われた。・・そして今日(18日)からは、全員構成の19年度決算特別委員会が3日間行われる。  市民のために、きちんと税金が使われているか!無駄な支出はないか!不正などはないか!要チェックです。
posted by 幸野おさむ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011以前の市議会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ホームページちょっといじりました。

 PCのやりすぎ?目が急激に悪くなっている。ショボショボしている上に、ピントの調節機能を働かすため、周囲の筋肉がよく動く。そのせいで肩が凝る。眼薬がなくなる頻度も早くなってきた。このまま職業病と割り切れるか?

 さて今日は、国分寺駅北口周辺特別委員会を一日傍聴した。事業協力者と協定を結ぶための協定書案が委員会に示された。協力者予定の野村不動産の提案概要なども示されたが、ここで議論が深まる。
 提案内容のところに出てくる「パートナー企業」とはどこか?都市開発部長は「知らない」と答える。これから協定を結ぶ相手が「パートナー企業と一緒になって事業を進める」と言ってるのに「知らない」で済む話ではない。
 議論は押し問答になったが、結局、野村不動産の都合により公表できないとの事。約30年ぶりに秘密会が行われ、そこで何やら話し合われたようだ。
 
 先日の住民監査請求といい、本日の件といい、市は本当に市民の理解を得ながら進める気があるのか?果てしない額の税金が投入される再開発だけに、透明性は絶対に確保しなければいけない。今後の行方にも目を光らせなければ・・・。

 
 結局、朝9時30分〜19時まで議論を行って終わらず、17日の14時〜続きをやることになった。我が会派の川合議員(市議団長)の奮闘が光る。

DSCF0876A.JPG

posted by 幸野おさむ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011以前の市議会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

第三回定例会 一般質問

 29日、朝、昨夜の凄まじい落雷にキョトンとしたまま家を出た。
 今日は一般質問日。議員一人一時間の持ち時間で何を質問してもかまわない日。(私が取り上げた問題はHPで)
 さてその一般質問、結果から言わせていただきますが、言いたいことを、かなり言わせていただきました。
 
 平和の問題は、午前中に質問した自民党の井沢議員と質問がかぶってしまうアクシデント!でも市長は、私も要望した平和市長会議と非核宣言自治体協議会に加盟することを表明したので、それはそれで良かったです。
 それから「非核平和都市宣言25周年事業は(武蔵野市の事例を紹介して)市民と実行委員会方式でやったらどうか」と要望しました。市長は「参考にする」と言ってましたが、ちゃんと参考にしてくれるといいんですが。
 
 臨時職員の時給引き上げ問題では、いつもいつも、頭に血が昇ってしまいます。どうしても気持ちが乗り移ってしまう上に、市長のワーキングプアや格差に対する危機感の無さに、呆れから怒りがこみ上げてしまうのです。今回出していただいた資料では、26市の中で国分寺市の臨時職員の時給額が最も低いという資料でした。来年度の予算で引き上げると言ってましたが、いくら上げるか、注目です。(今は一般事務800円、保育士資格あり910円、なし900円)

 国分寺駅のバリアフリー関連でも前進がありそうです。国分寺駅周辺まちづくり構想の中にうたっているバリアフリーの整備方針、これに基づく重点整備地区に早急に指定して、駅のバリアフリーを完成させるべきだ、と求めました。南口東側のスロープに関しても「既存の計画では難しいが、新たな方法を考える」旨の答弁でした。ついに、動いてくれると私は信じます。

 あと、住宅用火災警報器への助成を早急に、町内会・自治会の掲示板への助成を求めました。

 一般質問って、すっごい疲れます。そのかわり、やりがいが、めちゃくちゃあります。この一時間は、集中力が異常な域に達するので、自分が自分を再発見する時間でもあります。もっともっと勉強して、質の高い議論を目指していきます。それでは!

 
 
posted by 幸野おさむ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011以前の市議会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする