UA-102585764-2

2017年02月12日

【 #国分寺市総合ビジョン は、市長の独断で決められたもの(2)】「事業者等とともに描(いた)」事実もまるでなし! #国分寺市議会 の意見もまともに聞く気なし! #国分寺市 #ここに幸あれブログ ↓

前号(1)の記事では、国分寺市ビジョンの策定過程において、市が強調している市民とともに描いた」事実がまるでないことを記事にしました。

今号では、これまた市が強調している事業者等とともに描いた」事実があるのかどうか、また、これも非常に重要な市民の代表機関である市議会とともに描いた」事実はあるのか、市議会での議論を通じて明らかになったことを記事にしたいと思います。

※下記資料は、「国分寺市報21日号」1より抜粋(赤線は幸野が加筆)

 

●「事業者とともに描いた」事実もまるでなし!

12月議会・総合ビジョン審査特別委員会では、「事業者等」の参加状況についても、質疑で確認しました。

そこでは、一般的な「事業者等」に対して行われる参加手法「事業者懇談会」「団体ヒアリング」といった、直接事業者・市民団体から意見を伺う手法は一切行っていないことが明らかになりました。

そして、唯一事業者や団体の方が参加することができたのは、「国分寺市ビジョン会議」のみという事実も明らかになりました。

それでは、その「国分寺市ビジョン会議」では、「事業者等とともに描いた」などと言えるほど、事業者等が関わることが出来たのでしょうか。

答えは「否」です。

国分寺市ビジョン会議に参加出来る事業者や団体の方の参加は、あらかじめ限定されており、「JA青年部推薦の方」「青年会議所推薦の方」「子育て関係の団体の方」と、「社会福祉協議会の方」「民生委員・児童委員協議会の方」のみわずか5名で、市内で活動している幅広い事業者や団体からの意見が集約されているとは、到底いえるものではありませんでした。(※下記資料参照)

※下記資料は「国分寺市ビジョン会議設置要綱」第3より

 

●「市議会とともに描いた」事実もまるでなし!

また、市民の代表機関である「市議会」の意見についても、どのように扱われてきたのか、ここで報告しておきたいと思います。

この間の計画の策定過程においては、市議会・総務委員会に、とぎれとぎれに報告が行われてきただけで、市議会全体の意見としては、一切聞かれることなく進められてきました

しかも総務委員会に対する報告についても、市民ワークショップの報告や職員ワークショップの報告に加え、それぞれの設置要綱についても、総務委員会にはほとんど示されずに進められるなど、従来の基本的な計画の市議会への報告と比較しても、あまりに粗雑に扱われてきたといっても過言ではありません。

この点で、国分寺市が、無作為抽出のワークショップを導入している先進的自治体として、参考としている武蔵野市が、市議会の「全員協議会」2回開催して、市議会議員の意見も丁寧にくみ取っていることとは、雲泥の差がある進め方であったと言わなければなりません。

最終的な段階である市議会・総合ビジョン審査特別委員会で、一部の議員からの指摘に対し、一部の文言修正は行われましたが、市議会全体として、策定過程から一緒になって国分寺市ビジョンを練り上げる環境も、国分寺市ビジョンに対してきちんと意見がいえる環境整備も全く考慮されなかった、というのが実態です。

すなわち、市議会の意見自体も完全に軽視されて進められて、策定されたのが「国分寺市ビジョン」なのです。

 

●自治基本条例に基づいて、改めて策定し直すことが必要!つ

これらのことを鑑みると、今回制定された国分寺市ビジョンは、「市民・事業者等(市議会も含め)とともに描いた」ビジョンなどと、到底言えるものではありません

極めて限定された市民と事業者などから、わずか数回意見を聞いただけで策定されたもので、逆に言えば市民や事業者等の方々とは、その中身についてほとんど共有されていない国分寺市ビジョンと言えます。

であるならば、国分寺市の12万人市民とともに、未来のあるべき姿を描くためにも、国分寺市の最高規範である自治基本条例「参加」「協働」の精神に基づき、市民が主権者という普遍的な位置付けのもとに、市民や事業者、市民団体、そして市議会の意見をくまなくくみ尽くしたうえで、主権者市民による市民のための、国分寺市ビジョンを、改めて策定することが必要だと思います。

残念ながら、井澤・自民党市政のもとでは、これらのことが実現できないため、やっぱり市長を変えるしかない!

・・・という結論になってしまうのですが。

-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック