UA-102585764-2

2017年01月16日

【幸野おさむの信念 2017年も #野党共闘 !#超党派リレートーク !】 #日本共産党 #民進党 #生活者ネットワーク #社民党 #自由党 林立するのぼり旗は勇気100倍!#国分寺市

1月15()、冷え込みが強い中、午後3:00〜国分寺駅南口において、2017年初めての超党派リレートークが行われました。

私にとって、夢のような取り組みである野党共闘と、超党派での行動は、今後の国分寺市と、東京都と、そして日本と、さらには世界の情勢を大きく左右する可能性を秘めた希望の星です。

自民党や公明党、維新の党、そしてメディアなどからは、変革の芽をつぶすための執ような攻撃が加えられています。しかし、この野党共闘を、全国でも、国分寺市でも継続して続けることは、真の市民自治、真の地方自治、真の国民主権を実現させるための、本当に大事にしなければならない重要なSTEPです。

P1060676.JPG

このような激しい攻撃が行われる中で、私自身、不安な思いも抱いておりましたが、新しい年を迎え、改めて、こうして皆さんとともにリレートークが実施され、そして参加できたことを、心からうれしく思っております。

この間の並々ならぬ努力の賜物によって、実現させて下さっている市民連合@国分寺や、その他団体・関係者の皆様に、改めて、心から感謝を申し上げます。<m(__)m>

 

一方で、同日に行われた日本共産党の第27回党大会に、党創立95年の歴史上初めて、他党から、民進党の安住淳代表代行、自由党の小沢一郎共同代表、社民党の吉田忠智党首、沖縄の風の糸数慶子代表があいさつを行っていただける、という画期的な出来事もありました。本日16日付の新聞赤旗一面に掲載された、党大会の壇上で、野党の代表の皆さんが一緒に手を携えて、拳を上げている写真に、目頭を押さえながら希望の星を感じた方も多いのではないでしょうか。

 

まさに2017年、本当に勝負の年だと思います。

世界に誇る日本国憲法をもつこの国で、その日本国憲法をないがしろにする政治ではなく、市民、国民のために憲法を活かそうという政治を実現させることが出来たならば、日本全体に、そして世界全体に大きな衝撃を走らせることは間違いありません。

世界では、イギリスのEU離脱や、ヨーロッパ諸国における極右の台頭、そしてアメリカのトランプ大統領就任など、悪夢のような戦前の空気が拡がりつつあります。

今こそ、そのもっとも痛苦な経験と反省を行ってきた、ドイツ国民やイタリア国民、そして私たち日本国民が先頭に立って、戦争の反省と教訓を訴える時なのではないでしょうか。

 

私自身、一市民、一国民として、日本国憲法の意義を訴えることに全力を挙げるとともに、国分寺市議会議員として、国分寺市長選挙で、日本国憲法を守り、活かす市民派市長を誕生させることに全力を挙げます。

そして、この国分寺市から平和、人権、国民主権のうねりを起こしていくことを誓いたいと思います。

どうか皆様、ともに手を携えて、ともに前を向いて、ともに歩きながら、ともに声を上げ、ともに政治を変えていこうではありませんか。

 

2017116

幸野おさむ

-->
posted by 幸野おさむ at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アベ政治×市民&超党派」で、戦争法廃止へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック