UA-102585764-2

2017年01月15日

【 #学童保育所 の増設や改修を一日も早く!】国の補助金は増額!市の持ち出しは70万〜1000万前後の実績!早急に狭あい状況を改善し、4年生以上の受け入れを実施しよう!#後ろ向き度LV9 #国分寺市

前号までの記事で本多学童保育所・児童館」(同建物の為、以下:本多学童)の改修・建て替え事業が、来年度からの総合ビジョン・実行計画案に明記されず、10年間放置されたあげく、さらに「先送り」されるという信じがたい大問題について記事にしてきました。

ここまで記事を読んでいただいた方は、この問題における井澤・自民党市政の対応があまりにひどいと思っていただけたのではないかと思います。

しかしそれでも、市が策定した公共施設等総合管理計画が述べているように「財政が厳しい」んだから「しょうがないじゃないか」と思われる方も、いるかもしれません。

そのため、今号では、学童保育所の整備費について、記事にしたいと思います。

 

●学童保育所の改修や建て替えの市の負担は、70万円〜1000万円前後

学童保育所の改修・建て替えの際の、工事費については、金額として、どのくらいかかるのでしょうか。

昨年9月の市議会・決算特別委員会で、私が請求した資料によると、市内の学童保育所・児童館についての耐震化や改修事業の総事業費については、大なり小なりありますが、370万円〜5800万円となっているのが現状です。(※下記資料参照)

ただ、国の補助金や、東京都の補助金が、補助されるため、市の一般財源の持ち出し分は70万円〜1000万円前後となっています。(※第9小学校の西恋ヶ窪学童保育所建て替え事業については、赤丸の地方債の負担がありますので、この分も含めて4千万円を超え、市の負担が大きくなっていますが、他施設との補助率の差が著しいので、何らかの理由があったと考えられます)

※下記資料は「学童保育所・児童館耐震化・改修一覧表(幸野請求資料)」より(赤四角・赤丸は幸野が加筆)

 

●国の補助率がさらに引き上げられたことにより、市の負担は1/6に!

また、子ども・子育て支援制度が開始されたことにより、学童保育所の整備が法律や計画で明確に位置付けられたうえに、昨年の825日には、内閣府から「平成28年度子ども・子育て支援整備交付金(放課後児童クラブ)の取り扱いについて」という文章を発出され、国の補助金の割合を1/3から2/3への引き上げ公立の学童保育所であっても、国分寺市の負担は1/6で整備できることになりました。(※下記資料参照)

このことから推察すると、おそらく、改修や建て替え事業についての補助率についても引き上げられている、もしくは今後引き上げられる可能性が高い状況だと思います。

ちなみに、※下記資料は、私たちが何年も前から、何度も何度も追求してきたことにより、市がついに重い腰をあげて、昨年の6月〜10月にかけて、市長部局の子ども家庭部と、市教育委員会の教育部が合同で検討を重ねて、まとめられた資料です。したがって、赤線以外の文章についても、非常に重要な内容が掲載されています。

※下記資料は「『学校施設における放課後等の児童の居場所を確保』に関する子ども家庭部・教育部での打ち合わせのまとめについて(幸野請求資料)」P3より抜粋(赤線は幸野が加筆)

これらを踏まえた時に、これだけ各学童保育所の狭あい状況が深刻な中で、また、4年生以上の児童も早急に受けいれなければならない中で、市内の学童保育所の増設を民間企業に頼るのみの取り組みしか行わず、本多学童の改修や建て替えについても、財政負担の面から「先送り」にしているというのは、あまりに学童保育所に対して、後ろ向きな姿勢なのではないでしょうか。

上記資料では、1行目に「学校を活用した学童保育所の整備」という文言が、記載されるという画期的な面はありながらも、遅きに失しているとも指摘せざるをえません。

 

●国分寺市の財政状況も好転し、十分ねん出することが可能

しかも、私たちは、国の補助金が引き上げられたことだけを理由に、整備を求めているだけではありません。

これまでも、記事にしてきましたが、国分寺市の財政状況についても、消費税の増税や下水道公債費の減少などにより、好転しています。

※関連する「ここ幸!」記事は↓コチラ

http://osamukouno0901.seesaa.net/category/25228816-1.html

経常収支比率は、2015年度の決算数値で90.9%と、政策的な費用に回せる金額は、毎年20億円以上確保できる状況です。

子ども達の安全性を考えれば、1日も早く本多学童の改修や建て替えを実施することや、狭あい状況を改善するために、1日も早く学童保育所を増設することというのは、国分寺市の当たり前の責任ではないでしょうか。

とにかく、本多学童の改修・建て替え事業の「先送り」だけは、断・断・断固として許せるものではありません

そのことから【本多学童保育所・児童館がヤバ過ぎるシリーズ】として、連載を続けてきました。

次号では、国分寺市の財政状況が好転していることについて、さらに突っ込んで、記事にしたいと思います。

-->
posted by 幸野おさむ at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学童保育・狭あい・4年生以上受け入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック