UA-102585764-2

2017年01月10日

【第3次国分寺市 #特別支援教育 基本計画(義務教育時)(案)の課題(3)】各学校で、教育設備の著しい格差が!特に第4小学校は悲惨! #国分寺市 #巡回型の特別支援教室

前号の記事では、●拠点校と巡回校の教室の数や面積に著しい格差が

として『現在の「通級学級」がある小学校については、その教室や設備をそのまま「拠点校」(以下:拠点校)として使用出来る一方で、新しく「巡回型の特別支援教室」を設置する小学校(以下:巡回校)については、どこの学校においても、「拠点校」の教室水準と比べて、著しい格差が生まれてしまう状況が明らかになった』ことを書きました。(※下記資料参照:赤四角の学校が「巡回校」

※下記資料は市議会・文教子ども委員会資料「巡回型特別支援教室の開設予定場所について」より(赤線・赤四角は幸野が加筆)(再掲)

 

●個別指導も小集団指導も行えるような教室がベスト、増築も検討を

この点について、私は1220日の市議会・文教子ども委員会で「拠点校と比較して、巡回校の教室の面積は、半分、もしくはそれに満たない教室がある。しかも、拠点校にはクラスが複数あり、プレイルームや相談室もあるが、巡回校にはない。これではあまりに格差が生じてしまうのではないか」と質したところ、教育総務課長は「子どもたちを外部と切り離す形で、適切な指導と学習できるスペースがあればよく、そのことを前提に学校と協議をして決めた」と答弁し、学校指導課長は「巡回校については、個別の指導が中心になる。小集団の指導については、具体的な中身は来年度に検討するが、場合によっては、保護者との合意形成が必要だが、拠点校において複数の学校の子どもたちと実施する。なので、あまり広くなくてもこの範囲の中で指導できる」と答弁しました。

私は、小集団指導について、拠点校で実施することを、評価しつつも「『巡回校では個別指導が中心』というが、巡回型になることによって、支援を受ける対象の児童が増える。そうなってくると、個別指導の時間が取れるのか、という問題もあるし、その教室に入りきれるのか、という問題もあるし、そういう空間で情緒を安定させることができるのか、という問題があり、非常に不安がある」

「しかも、個別指導だけではソーシャルスキルトレーニングは物足りない、やはりソーシャルスキルトレーニングは小集団で行うのがベストだ」と追及したところ、教育総務課長は「この資料は現在の(案)ということ。再来年に向けて準備をしており、年度が変わることによって、学校と協議をし、決めていく必要がある。今の段階で教育委員会として考えている案だ」と答弁し、今後の改善に含みを持たせました。

私は9小や10小については、12月議会で普通教室増築の補正予算が出ているが、この機会に特別支援教育の教育環境を充実させるという意味で、教育委員会としての考えを持ってほしい。今の水準をなるべく維持するべく努力をお願いしたい」と求めました。

 

4小が深刻、アルコーブ?19uに13人?

上記の資料に加えて、さらに私が請求した資料(※下記資料参照)を重ね合わせると、より具体的に各校の事情が見えてきます。

その中で、特に深刻な状況になっているのが、4小学校です。

巡回型の特別支援教室の面積は、19.32uで「アルコーブ」を転用するとしています。「アルコーブ」とは、広辞苑で「様式建築で、室の壁の一部を入り込ませた付属空間。凹室」とあります。

そこに、現時点で対象になっている児童だけで13が通うことになっています。

巡回型になることにより、保護者の送迎がなくなることで、新たに通うことが出来る児童や、来年度、再来年度の新入生に対象の児童が入学してくる際には、より深刻な教室状況になることも予測されます。

私は「第4小学校については、いくら何でも・・というところがあるのではないか。第4小学校も今後普通教室が不足する可能性がある。場合によっては増築なども検討するのが妥当だ」と質したところ、教育総務課長は「ご指摘を賜りました。状況によって見直していきたいと考えている」と答弁しました。

この点については、他の複数の委員からも「パッと見て、やっぱり4小は誰が見ても同じ状況だ。他校と著しい差が出ないような努力は要望する」「施設の件は、私も皆さんと同じで、各校で施設の格差があるために指導に差が出てしまうことはあってはならない。施設を充実するための整備というのは、偏りなく十分に進めてほしい」といった指摘が相次ぎました。

※下記資料は市議会・文教子ども委員会資料「特別支援学級(通級)学校別在籍者一覧」より(赤四角は幸野が加筆)

 

●巡回型の特別支援教室だけでなく、特別支援学級の増設にも不安

今回の第三次基本計画案では、「特別支援学級の施設の整備を図ります」と明記し、具体的な整備計画はありませんが、対象の児童数が増えることに合わせて、着実な整備が求められています。

対象の児童数の増加については、前号の記事で示しましたが、今後も増加の一途をたどることが想定されています。

その際、固定学級やサポート教室などの増設の必要性が生まれた時に、この計画案にある「特別支援学級の施設の整備を図ります」という方針が、本当に実現できるかどうかは微妙です。

なぜなら、今回の「巡回型の特別支援教室」の記事だけでなく、前回の「普通教室が不足しているのに対応が後手に回っている」記事などに共通するのが、財政は厳しい」「人口は減少する」だから「公共施設は複合化(統廃合)を原則とする」ので、「公共施設は増やせない」といった市の「公共施設等総合管理計画」があるからです。

 

国分寺市の人口は著しく増加の一途をたどり、財政状況についても、消費税の増税や、北口再開発の一部売却益により、好転しているのにもかかわらず、事実現実を直視せずに井澤・自民党市政は、子どもたちや市民の願いに背いています。

人口や財政に関連する記事は↓コチラ

http://osamukouno0901.seesaa.net/category/25228816-1.html

矛盾に満ち満ちた、公共施設等総合管理計画を撤回させて、事実と現実に基づいた市政を取り戻しましょう。

今回の問題も、今年の市長選挙の大きな争点です。

-->
posted by 幸野おさむ at 10:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援学級にもしわ寄せが! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック