UA-102585764-2

2016年12月13日

【市議会・一般質問(4): #子どもの医療費無料化 拡大も、来年度予算案が焦点】子ども家庭部長は「詳細な部分までたどり着いた。しかるべき時に報告したい」と答弁!でも、市長はまた答弁せず。 #国分寺市 #期待度LV7

121日に行った市議会・一般質問では、これまで何度も取り上げてきた「子どもの医療費の完全無料化」を求めて質問しました。

●動画配信は↓コチラから4分)

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/014/920/20161201_20_04.mp4

●一般質問全体の動画配信は↓コチラから

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/shigikai/1010551/1014920.html#GR14

IMGP5643(1).JPG

 

●日本共産党の長年にわたる粘り強い取り組みの一つ

この問題については、私が議員になる以前から、日本共産党として、市議団や都議団、国会議員団が、何度も何度も「対象年齢の拡大」や「所得制限の撤廃」を求めてきました。

その結果、2007年の10月より、未就学児(0歳〜6歳)の「所得制限の撤廃」と義務教育就学児(6歳〜15歳)の「自己負担3割のうち1割を助成(所得制限有り)」を勝ち取り、200910月からは「3割助成(一部負担金200円と所得制限あり)」を実現させました。

私自身も、20096月議会の一般質問、20109月議会での一般質問や、その他担当の委員会などで、ことあるごとに取り上げてきました。

しかし国分寺市は、200910月以降、市の財政が悪化する中で、「後ろ向き」な答弁ばかりに終始しました。

※「所得制限」とは、年収約960万円以上の世帯は、子どもの医療費助成の対象外になる制限で、対象世帯のうち約3割の世帯が助成の対象外になっています。

※東京23区では、すべての自治体で所得制限は撤廃されており、多摩26市でも、武蔵野市や青梅市、府中市、西東京市、羽村市、福生市などに加え、今年の7月から八王子市も「所得制限の撤廃」を実施しています。

 

20153月議会の予算特別委員会から、動き出す

国分寺市の状況が変わったのが、20153月議会の予算特別委員会です。私が「市長は2013年の市長選挙で『子どもの医療費無料化の対象年齢拡大』と、公約をしていたが、検討されているのか」と質問したところ、市長は「2015年度から検討していき、財政状況を考えながら進めていきたい」と答弁。その後、担当部において、検討が続けられてきました。

 

●「かなり詳細な部分までたどり着いた。しかるべき時に報告する」と答弁

私は、今議会の一般質問で「来年度からの実行計画案において、『所得制限の撤廃・見直し』というのが掲げられているが、市長の公約との関係も含めて、来年度の予算案で実施すべき」と求めました。

これに対し、例によって「鳴かぬホトトギス」のごとく市長は答弁に立たず、子ども家庭部長が「昨年の予算特別委員会で、ご指摘があったのちに、市長から御指示をいただいた。この間、検証してきた結果、かなり詳細な部分までたどり着いてきたので、今後庁内調整を経て、しかるべき時に報告したい」と答弁し、長年にわたる市議会での質問が、また一つ前進する可能性が出てきました。

 

●市長の公約なのに、この質問においても市長はダンマリ!市長の資格が問われている

一方で、この質問においても、私は「市長の公約なんだから、市長に聞いている」「市の政策的な判断は市長にしかできないのだから、市長の答弁はないのか」と、再三質しましたが、ここでも市長は一切手をあげて答弁することはありませんでした。

私は「市長は議会で座っていればいいだけの立場ではない」「ここは政治家の議論する場だ」と厳しく批判したうえで、私の一般質問全体に、ほとんど答弁しなかった市長の姿勢について「来年の市長選挙に出るのに、ちゃんとした政策を掲げて市民に訴えられるのかが問われるやりとりだった」と、市長の資格が欠けていることを指摘しました。

 

「鳴かぬなら、負かせて見せよう、市長選」(幸野おさむ左大臣)・・入選なるか?

-->
posted by 幸野おさむ at 08:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの医療費助成制度の拡大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック