UA-102585764-2

2016年12月03日

【市議会・一般質問「 #国分寺まつり 問題」人権感覚が問われる井沢市長】東京弁護士会からの要望書に対し、3カ月もたつのに「検討」の指示もせず! #人権無頓着度LV10 #国分寺市

121日に行った市議会・一般質問では、6月議会と9月議会に引き続いて「国分寺まつりの出店拒否問題」を取り上げました。

●動画配信は↓コチラから(18分)

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/014/920/20161201_20_01.mp4

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/shigikai/1010551/1014920.html#GR14

「国分寺まつりの出店拒否問題」とは、3年前の「国分寺まつり」から、それまで出店を許されてきた「国分寺9条の会」や「Bye-Bye原発の会」「ちょっと待って原発の会」の3団体が、「政治的な団体だから」という理由で「出店を拒否されている問題」です。今年についても、116日の「国分寺まつり」から、3年連続で出店が拒否されています。

過去のいきさつについては↓コチラから

http://osamukouno0901.seesaa.net/category/25228720-1.html

今議会では、民進党の及川議員がこの問題を初めて取り上げたことに加え、生活者ネットワークの岩永議員も取り上げるなど、これまでになく多くの議員が一般質問で国分寺市の対応を質しました。

「国分寺まつりの出店拒否問題」は、今年の817日に、東京弁護士会が「政治的な団体だからという理由で、出店を拒否するのは、表現の自由の侵害であり、出店を認めるよう」実行委員会及び国分寺市に要望書を出したことから、「人権問題」という新たなステージでの論戦に発展しました。

この問題における国分寺市の主張は「やったのは俺じゃない。実行委員会だ」との責任逃れです。でもその主張は、東京弁護士会の要望書に記された見解で、完膚なきまでに逃れられなくなっています。

 

●人権侵害という指摘に反論もできないのに、また人権侵害を侵す井沢市長

1129日の岩永議員の一般質問に、市民生活部長は「東京弁護士会からの要望書については、対応を検討中」だと答弁していたので、私は「井沢市長は一体何を検討するように指示したのか」と質問しました。

しかし、市長に聞いているのにもかかわらず、市長は手をあげず、首を横に振るだけの中、市民生活部長が「担当レベルで検討している」「市長から特別な指示は受けてない」と答弁しました。

私は「東京弁護士会が国分寺市に対し、『人権侵害を是正せよ』と要望してから、3カ月もたつのに、いまだに市長が指示を出していないのは大問題だ。人権感覚や人権問題という認識が欠落している」と批判しました。

そのうえで、市長に対し「東京弁護士会からの要望にも応えず、人権侵害という指摘に反論できないのにもかかわらず、三度も人権侵害を行った市長だということになるがそれでいいのか」と厳しく批判したのですが、またまた井沢市長は反論も発言もせず、市民生活部長が「東京弁護士会に対して回答するかどうかも含めて検討中」と繰り返しました。

私は「最も人権を守らなければならない行政権力が、東京弁護士会からも、私からもここまで言われて、全く答弁に立てないというのは深刻な事態だ」と指摘しました。

※下記資料は「市議会第4回定例会・一般質問資料・幸野請求」より(赤線は幸野が加筆)

 

●東京弁護士会との信頼関係はガタ落ち?

続いて、国分寺市と東京弁護士会は、切っても切れない関係にあることも指摘しました。

下記資料にあるように、国分寺市の付属機関や協議会の有識者委員として、東京弁護士会からの推薦委員が13名(重複を除く)も、国分寺市政に協力いただいております。

また「市民法律相談」や「消費生活相談アドバイザー業務委託」「女性法律相談」「国分寺市高齢者特別相談」「国分寺市子どもいじめ虐待防止条例に基づく事業」など、直接、東京弁護士会と協力して行っている事業もあります。

私は、これらのことについて触れたうえで「現在国分寺市が行っている対応では、付属機関の有識者から『国分寺市は人権侵害を是正せよ』といわれても是正しないのか、ということになる。東京弁護士会に何も回答しないということは、国分寺市の社会的信用も、東京弁護士会との信頼関係もなくなってしまうことになる。早急に回答をすべきだ」と求めました。

しかし「相変わらず」市長は答弁に立たず、再び市民生活部長が答弁に立ちましたが「東京弁護士会にはいろいろな面でご協力いただいている。なので回答するか、しないか、も含めて今後検討していく」と、支離滅裂な答弁になってしまいました。このことからも、もはや担当職員レベルでは、手に負えないと問題になっていることが浮き彫りになっています。

私は、あまりに市長が手をあげずに、答弁もしないので、「市長は東京弁護士会からの要望を読んでいるのか」と聞いたところ、ついに市長は手を挙げ「読んでます。で、いま法務も含めて検討されている」と、これまた支離滅裂な上に、他人事な答弁しか出来ませんでした。

私は「東京弁護士会に対して回答もしない、そして反論もできない行為を、国分寺市が何度も行っているということが、国分寺市の市議会議員としても非常に残念だ」と指摘しました。

※下記資料は「市議会第4回定例会・一般質問資料・幸野請求」より

<!{hyphen_**}[if gte vml 1]> <![endif]{hyphen_**}><![if !vml]><![endif]>

●自治基本条例と日本国憲法を遵守すると言っていたのに・・・

そして最後に、「市長は3年半前の所信表明や、代表質問に対する答弁で『自治基本条例と日本国憲法を順守する』と言っていた。しかし日本国憲法のもっとも守らなければならない基本的人権を侵害し、そのことに対する自治基本条例第13条の説明責任も全く果たしていない。そんな市長に国分寺市政を任せることはできない。」と厳しく批判しました。

-->
posted by 幸野おさむ at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国分寺まつり・出店拒否を改めよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック