UA-102585764-2

2016年10月23日

【3:たとえ現役世代の生産年齢人口が減少したとしても、実は納税義務者数の増加で税収増】、一方で、格差の拡大が #国分寺市 でも #市民納税者数度LV5 #フラッシュモブ

★昨日は、初めてのフラッシュモブin国分寺駅南口

20161022140455(1).jpg

20161022144459(1).jpg

昨日22日は、国分寺駅の北口で「T-soul祭り」や北口商店街の「ハロウィーンイベント」など、国分寺駅周辺は大変盛り上がっておりました。

そんな中、国分寺駅南口の駅頭において、行政書士会の皆様が行っている無料相談会の隣で、無言のマネキン宣伝:通称フラッシュモブを初めて決行しました!

1113日に行われる、LOVEPEACEパレードをお知らせしようと、前座の企画としての試みです。

1113日の企画は↓コチラから

FBhttps://www.facebook.com/shiminrengo.kokubunji/?fref=nf&pnref=story

※動画バージョンは↓コチラから

ツイッターhttps://twitter.com/osamukono0901/status/789835634336600068

FBhttps://www.facebook.com/osamukono0901

行き交う方々は、その異様な宣伝のありように、不思議そうに、また興味を持って、眺めて行って下さいました。

眺めるだけでは飽き足らず、無言の宣伝をしているのにもかかわらず、話しかけてくる方や()、一緒に記念撮影をしていく方(大笑)、そしてバックミュージックとして口笛を口ずさんでくださる方(大爆笑)など、いつもの宣伝と比べて、面白い反応がありました。

宣伝行動で、うまくしゃべれない方や、ビラをまくことも「おっくうだな」と思われる方など、だれでもできる宣伝企画です。ぜひ興味のある方は、次回ドレスアップをしてお越しください(^_-)-

次回は、115日(土)15時〜、国分寺駅南口です。

今回のドレスコードは「白黒」と、追加で「ハロウィーン」が持ち込まれましたが、次回の指令はいかに?

 

●(前回2:のつづき)人口は増加していたとしても、生産年齢人口が減少だから税収減?

前回まで、国分寺市人口ビジョンが示す「微増から減少」という将来人口予測について、実態の人口数は「今後も増加し続ける」ことについて、論述してきました。

しかし、このような「人口は増加しているじゃないか」という主張に対し、国分寺市は「たとえ総人口が増加したとしても、生産年齢人口(15歳〜64歳)は減少している」と主張しています。その理由は「人口が減少すると、税収が減少する」という主張の「人口」部分については「生産年齢人口」にかかっていると考えているからです。(下記資料参照)

※下記資料は「国分寺市人口ビジョン」37「今後の人口推計結果」より(赤字・赤線は幸野が加筆)

 

 

http://osamukouno0901.up.seesaa.net/image/osamukouno0901-2016-10-23T113A193A08-1.png

 

●生産年齢人口は減少しているのに、納税義務者数が増加?

しかし、この主張に対しても、私は事実とデータに基づいて反論しておきたいと思います。

9月の市議会・決算特別委員会で、私は、「個人市民税が前年度比で3.1億円増加している要因について、理由は何か?」と質しました。

市は「平成26年度と比べると、平成27年度は@年税額1000万円以上の納税義務者数が19人から21人へと2人増加し、調定額が16000万円増となり、52000万円になったこととA納税義務者数が907名増加したこと」と説明しました。

@   の理由については、1年間に1000万円以上、税金を納める方が増加し、その納税額もけた違いに増えていることから、「国分寺市でも格差社会が拡大しているんだなあ・・」と、思わずにはいられませんが、今回問題にしたいのはAについてです。

思い出していただきたいのですが、前回の記事の資料「国分寺市の過去5年間の月別人口推移」では、平成26年度4月から平成27年度4月にかけて、生産年齢人口は224名減少していました。

にもかかわらず、A納税義務者数が907名も増加しているというのは、どういうことでしょうか。この点についても、委員会で質疑が行われましたが、市は要因について分析しておりません

生産年齢人口が、224名も減少しているのに、なぜ納税義務者数は 907名も増加したのでしょうか?

次回はこの理由について、私の私見を述べたいと思います。

-->
posted by 幸野おさむ at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人口は増加しているのに「減少する」? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック