UA-102585764-2

2012年03月19日

先ほど委員会が終わりました。これから帰宅します。市内の小中学校から除染基準値以上の箇所が続々検出。これまでの市の対応が問われます。

放射能問題では、基準値以上が続々

先日、第一小学校の校舎北側の雨どい下部のところで除染基準値以上の箇所を検出し、除染したことが報告されました。また、他の市立学校についても測定した結果、新たに6か所の基準値以上の箇所が見つかったとのことです。

2月26日の代表質問において、私が「隣の小金井市では市立学校の8割から検出され除染している。もっと詳しく測定をすべき」と求めたとき、市長は「私どももホットスポットと言われているところを測定している。信頼してほしい」と答弁しました。また後日の建設環境委員会でも担当課長が「小金井市の学校と造りが違って、雨どいはすべて下水に入っているので市では検出していない」とも答弁していました。

すべて裏切られた格好です。市議会において、その場しのぎに平気でこうした答弁を繰り返している実態が明らかになるとともに、子どもたちの健康を第一に案じて、測定してこなかった対応が鮮明になってしまいました。

もしも、3.11の日に私が測定していなかったら・・・と思うとぞっとする答弁と対応です。

これ以上市民や議会を裏切ることはしないでほしい。議会で、わからないことを指摘されたなら、ただ単に突っ張るだけでなく、きちんと調査をして正確な事実を答弁してほしい・・・と改めて求めましたが、市長はその事さえもハッキリ答弁しません。行政と議会が正々堂々と事実と論理を積み上げていく当たり前の姿を目指して、今後も努力していきます。

またすべての子どもたちの関連施設についての測定と除染も重ねて求めました。民有地の除染問題も多くの議員から「対応を検討すべき」との声も出され、大きな世論になりつつあります。一歩づつ、少しづつではありますが、道理があれば必ず政治は動かせると信じて、皆さんの声を届けていきます。

 

今日の委員会は先ほど23時に終了しました。

あとは帰宅して、就寝するだけです。

今日も息子は、寝顔しか見れそうもありませんが、無垢な気持ちにさせてくれるので早く会いたいです。

 


posted by 幸野おさむ at 23:42| 防災・被災地支援・放射能への対応など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする