UA-102585764-2

2009年01月07日

今年は選挙の年

 今年、2009年は選挙の年。社会を、政治を変えられる大事な年。6月から7月にかけて、国分寺市では市長選挙、東京都議会議員選挙が行われ、そして総選挙も、いつになるかは全くわからないが、遅くとも9月までには必ず行われる年です。日本共産党は市民の皆さんの苦難の声から出発して「ルールなき資本主義」の歪んだ社会を正し、「ルールある経済社会」を築くために全力を挙げます。



090105_104646_ed.jpg


 国分寺市議団も15日、市内を清水予定候補と一緒に宣伝カーでごあいさつに回り、国分寺駅・西国分寺駅・国立駅では車を停めての演説。道行く方からは大きな手を振って声援がかかり「今年は」という思いを強くした。6日には国分寺駅北口で朝のごあいさつ。7日は国分寺駅南口で朝のごあいさつ。年越し派遣村でのボランティア活動報告や、炊き出しに並ぶ若者が多数いる実態、原因を辿れば派遣法の規制緩和などを行ってきた政治にあること、などを訴えました。



 最近、TVの政治番組を視ていると「非正規社員を雇うのは正規社員の雇用を守るためなのでやむを得ない」「正規社員の給料や待遇が良すぎるからだ」という議論を目にする。


・・・そんなに良すぎるか?


 この手の議論は、企業利益を増幅させるために非正規雇用を増大させた大企業・経済界が「反省もしないままに、自らに降りかかる火の粉を振り払いながら、国民を分断し、正規社員の待遇を悪化させて更なる利益の増幅を狙う大作戦」だと思う。


 TVに乗り込んでって「良すぎるのは企業の内部留保と、株主への配当と、役員の報酬だろ」と言いたい、言いたい<(^´)>。皆さんも騙されないように!!



 さて7日は市の消防団の出初め式。当日、世田谷区で4人が亡くなる火災が発生していた状況もあり、緊張感漂う式に。今年一年、市民の生命、財産を守る活動を、心からお願いするとともに、働きながら活動をしている団員とそのご家族のご理解に敬意を表します。ともに頑張りましょう。
090107_113047.jpg


posted by 幸野おさむ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用対策・若者支援について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック